世界選手権7位入賞

世界選手権7位入賞

2013世界選手権ニュージーランド大会で、エリート男子7位入賞する事ができました。

15日からオーストラリアの榊原家に5日間お世話になり、ルーク・マディル(北京五輪オーストラリア代表)の裏庭にある練習コースで、練習させて頂きました。

4人ゲートのちゃんとしたコースで、ジャパンナショナルチームの3人で良い調整が出来ました。

 

luke sx

 

 

 

 

 

 

 

21日に、ニュージーランドに入り、1ヶ月ぶりにコーチ,トーマスと再会し、とても安心しました。

地元のコースに乗りに行ったり、各国代表の選手達と一緒に練習できたりと相手の調子を見れてよかったです。

 

24日からチャレンジクラス(年齢別)のレースがはじまり、ここで日本人の活躍で、僕にもやる気が!!決勝進出のみんなおめでとう!!

 

チャンピオンシップクラスの練習は、26日に1時間30分、19時からの予定が、20時からに練習時間が遅れたり、コースの変更があったりと、いろいろと精神的にくるものはありましたが、できるだけ気持ちにゆとりを持ってマイペースで公式練習に行きました。

コースは、単純だけど難しくポイントをつかむと速く走れるコースでした。

良い手応えで練習を終え、翌日27日の世界選手権タイムトライアルに向けて気持ちを入れていきました。

タイムトライアル当日は、調子もよくリラックスしてスタートできました。

第3ストレートのリズムで、少しミスがあり、最終コーナーで失速してしてしまい暫定4位でゴール、結果18位でした。0,04秒でトップ16(スーパーファイナル)を逃し、とても悔しかったですが、去年の112位に比べればかなりの成長だったとポジティブに考え、次の日のレースに気持ちを入れ替えました。

 

そして29日世界選手権当日、朝寝坊したぐらい緊張感がなく、とてもリラックスできていました。

最初の予選3本は、途中危ない場面もありましたが、2-3-2位で2位通過。

1074641_499361833477145_665610334_o

 

 

 

 

 

 

 

 

準々々決勝(1/8決勝)はスタート失敗したけど、落ち着いて1コーナーでインから入り2位でゴール。

1078861_499363406810321_904756333_o

 

 

 

 

 

 

 

 

準々決勝(1/4決勝)は昨年の世界チャンピオン、今大会のタイムトライアルチャンピオンと同じでした。スタートもまずまずで、アウト側から1コーナーに進入。進駐した瞬間に先頭が転倒、それに引っかかり6,7人が転倒、僕はコーナーの外に落ちるかと思いましたが、ギリギリ耐えなんとか、再スタートする事ができ、4位で通過できました。ゴール直前まで後ろに、昨年の世界チャンピオンがいることに気づいておらず、危なかったです。。

YouTube Preview Image

動画(1/4決勝 ゲート6)

 

準決勝(1/2決勝)は、作戦をたて、わざとスタートを遅らせて、1コーナーでの接触をさけて、内側から抜き去る選択をとりました。

1コーナーの時には作戦は中途半端でしたが、でも4-6位で、射程圏内に入っていたので、自信がありました。2コーナーで、内側から2人入ってくるのが見えた瞬間にラインを変え外から中に。ここで作戦は成功し、3位に浮上。そのまま3位でゴール。2コーナーを立ち上がったときには、夢かと思いました。。

ヒート2 (3:28~)

YouTube Preview Image

決勝、表彰台を目指していきました。これも、わざとスタートを遅れる作戦ですが、スタートを80%ぐらいで出て、前の選手のすぐ後ろに付いて内側から1コーナーに入って行くことにしました。

1071463_499364360143559_432388670_o

 

 

 

 

 

 

 

 

1074689_499364373476891_750757111_o

 

 

 

 

 

 

 

 

1077405_499364396810222_1542217838_o

 

 

 

 

 

 

 

 

作戦はうまくいったのですが、1コーナー出口で3位あたりだったのですが、後方の選手と接触していまい、自転車がストップ。そのまま転倒してしまいました。

結果7位でした。

YouTube Preview Image

決勝はすごい残念でしたが、決勝まで順調に上がって来れた事は、自分でも満足しています。また、決勝まで落ち着いてレースを運べた事は、とても勉強になりました。終わってからは何でも言えますが、レース前からなぜか決勝には残れる事は確信していました!

でも、あの雰囲気で、2回も世界チャンピオンになった事がある、僕のコーチは、本当にすごい人だったんだと、あの場所・雰囲気を味わえたからこそ実感しました。尊敬です。

1071609_499364223476906_1323072884_o

 

 

 

 

 

 

 

 

去年のオリンピック選考会1ヶ月前の手首の骨折・手術で、オリンピックの逃し、それをバネに頑張ってきたのが、ようやく力を出せてきたかなと思います。ここ1番の勝負で結果を残せたのは本当に嬉しいです。

これも、すべてのスポンサーさんをはじめ、毎レース前に不安要素を取り除いてくれたマサ、自転車を完璧にしてくれたメカニック光武さん、コーチ/トーマス、チャレンジクラスのみんなの頑張り、会場・日本から応援して頂いたみなさんのお陰です。感謝しかありません!!

10代最後の大きな大会で、気持ちよく20歳を迎えられそうです。ありがとうございました。

またFacebook担当の方々、お疲れ様でした。

1008951_499364986810163_1515703969_o

 

 

 

 

 

 

これで世界7位の称号を頂き、来年の世界戦までは背番号が「993」から「7」になりました。

 

シクロチャンネルより、インタビューを載せて頂きました。

YouTube Preview Image

今後インタビューが多くなる機会が多くなってくると思うので、もっとインタビューの練習が必要ですね!笑

*写真は、@dsk24さんに頂きました。かっこいい写真ありがとうございます。

 JBMXF

Yahoo!ニュース

シクロチャンネル

後半戦は、トレーニングが主になりますが、とても楽しみです。

それでは、明日の朝の便で日本に帰ります!!

#7 長迫吉拓

 

About the author

コメントを残す

コメントを送信